• 鏡を見てブラシで髪を梳かす男性
  • 鏡を見て髪を気にする男性
  • 髪を気にする男性
公開履歴

AGAのQ&A

鏡を見ている男性

諦めないでください、AGA(男性型脱毛症)は治療できます。
しかし禿げ方にも個人差があるのでAGA治療を開始する前に自分がどの禿げ方なのかを知っておきましょう。

AGA(男性型脱毛症)は、体内で過剰分泌されたDHTが毛根の成長を阻害するによって抜け毛が増える遺伝性の脱毛症で、10代後半から30代の比較的若い時期に薄毛が始まります。
AGAではDHTの分泌量を減らさなければ薄毛の進行を抑制できないので、頭髪を自分で鏡で確認して気になったら早急に皮膚科を受診してDHTの分泌を抑制する「プロペシア」を処方してもらうことが大切です。
プロペシアの副作用についてや効果については当サイトではご説明しておりません。
プロペシアの通販サイトを参考にしてみましょう。

AGAの禿げ方はいくつかパターンがあるので、早期にAGAの兆候を発見するにはこのパターンを参考にするのがポイントです。
AGAではDHTの影響を受けやすい前頭部と頭頂部の抜け毛が顕著に生じやすいため、「M型」、「O型」、「U型(A型)」の3つの禿げ方のパターンに分類されます。

M型は前頭部の両サイドから徐々に剃りこみが深くなるように薄毛が進行していく禿げ方で、鏡を正面から見たときに額を確認するだけですぐにわかります。
O型は頭頂部の抜け毛が増加して徐々に薄くなっていき、最終的にカッパのようになってしまう薄毛です。
頭頂部の薄毛は鏡で正面から見ただけではわかりにくく、ある程度進行してから家族や友人に指摘されて気づく場合も多いので、早期発見のためには手鏡を頭頂部にかざすなど工夫して頻繁に自己チェックすることが大切です。
また、U型(A型)は、前頭部の中央部分の生え際の抜け毛が増加して後退がどんどん進行していく薄毛ですが、O型などの他のタイプの薄毛と同時に起こる場合もあります。

このようにAGAの禿げ方は上記の3パターンあるので、特に父親や祖父が薄毛だという方は毎朝鏡を見るときにチェックしてみましょう。
ただし、禿げ方が同じでも頭皮環境の悪化やストレスなどAGA以外が原因の場合もあるので、薄毛治療に定評のある皮膚科を速やかに受診して原因を詳細に調べてもらうことをお勧めします。

記事一覧
さっぽろでAGA費用に困っている人は必見

AGA治療のデメリットのひとつとして保険適用外の問題があります。 AGA男性型脱毛症は、いますぐ命の危険性、体調に異変をきたす症状ではないという判断から保険を使うことができません。 よってすべて自己負担になりますので、費用が高くなります。 またAGA治療の特徴として医薬品を服用し続けなければなりませんので、費用の問題は医薬品を使い続けることで長期化することになります。 AGA治療を止めない限り、費用の問題から逃れることができません。 AGA専門クリニックもさっぽろに多くなりましたが、当然さっぽろ在住の方も例外というわけではなく、自己負担になりますので、費用の問題に付きまとわれることになるでしょう。 クリニックに通う限り自己負担での医療費の支払いが続くことになります。 しかしそれはクリニックで処方した時だけに限ります。 クリニック以外で治療薬を服用されれば、費用について悩む必要もあります。 その方法があります。 もちろんさっぽろ在住の方も同一条件で行うことが可能です。 その方法は個人輸入代行業者を利用することです。 輸入と聞くと、面倒なことをしなければならないように思えますが、そんなことはなくインターネットの通販を利用する感覚で購入することができます。 個人輸入代行業者が運営しているサイトから、医薬品を注文し自宅に届くのを待つだけで良いです。 クリニックで手に入れることができる医薬品はもちろん、同成分でもっと価格が安い医薬品も購入可能です。 ひとつだけ注意してほしいことがあり、あくまでも個人で使用する場合だけに使うことができます。 他人に譲ったり、販売するようなことがあると刑罰の対象になりますので、その点だけは気を付けてください。

2019年08月27日
医療の力でAGAを克服!フィナストの力とは

AGAによって薄毛が引き起こされている場合は、一般の育毛剤だったりサプリメント、育毛シャンプー、頭皮マッサージなどの対策を行ってもあまり効果が無いと言われています。 全く意味が無い訳ではありませんので実践する事は良い事ですが、しかし発毛させる事はまず無理という事を知っておいた方が良いでしょう。 AGAを克服する為には医療の力を借りるのが最も効果的とされていますので、セルフケアだけにならないようにする事をお勧めします。 そして医療の力の一つとしてフィナストという薬があります。 これはフィナステリドという成分を含んでいる薬ですが、フィナステリドにはAGAの原因になっている脱毛物質に作用する働きがあるのが特徴です。 フィナステリドを取り入れる事によって脱毛物質の増加を抑制する事ができますので、抜け毛の増加を食い止める為にも役立ちます。 フィナステリドを含む薬はフィナストだけでなく他にもありますが、フィナストはフィナステリドの含有量が多いのが特徴の薬です。 通常、医療機関ではフィナステリドを1mg含有している薬を利用していますが、フィナストの場合は5mgも含有しています。 通常の薬の5倍もの含有量となっていますので、より高い効果に期待する事ができます。 フィナストを入手する方法ですが、個人輸入を利用するのが一般的と言えます。 フィナステリドを1mg配合している薬なら医療機関で処方してもらう事ができるのですが、フィナストは医療機関では扱っていない事が殆どです。 その為、処方をしてもらいたいと思っても出してもらう事はできません。 ですからフィナストを利用したい時には医療機関へ行くのではなく、個人輸入の代行サイトなどを活用して入手すると良いでしょう。

2019年07月28日
AGAから髪の毛が生えるまでに掛かる金額

薄毛の人からすればかつての髪の毛を取り戻したいものですが、AGAが原因で薄毛になっている場合は正しく対策をしないと改善する事は困難と言えます。 AGAが原因ですとどんどん脱毛が促進されていきますので、並大抵の対策方法では脱毛を食い止める事はできないのです。 確実な対策をする為には病院に相談するのが良いかもしれません。 病院ではAGA治療を行ってくれますし、無事に髪の毛が生えたという方も大勢いるのです。 病院で治療を受ける際には金額が気になるところですが、髪の毛が生えるまでにはどの程度の金額が掛かるのか解説を行ってみます。 病院によって治療費が違っていますし、治療方法によっても金額が変わってきますが、ここでは定番の内服薬と外用薬を利用する治療について見てみましょう。 内服薬などを利用する場合ですと、大体月に1万円~3万円程度の費用が掛かるようです。 年間で考えると安くても12万円、高いと36万円程度の費用が掛かる事になります。 ではどの程度の期間で生えるのかと言いますと、早い人ですと半年程度で抜け毛が止まり、1年程度で薄毛が目立ち難い状態になるようですので、安ければ12万円程度で済むかもしれません。 体質によってはもっと時間が掛かりますので、それに比例して金額も上がっていきます。 ただし、AGAは一度回復しても治療薬の利用を止めてしまうとまた脱毛が促進されてしまいます。 その為、治療を受けて回復させる事ができても、現状を維持する為には費用を掛け続けなければならないという事を知っておく事が大切です。 もしコストを抑えたい時には個人輸入を利用する方法もあります。 個人輸入ですと治療薬を安く入手できますので、かなりのコスト削減になるはずです。

2019年07月12日
自宅でAGAを抑制する方法を解説

育毛剤や育毛シャンプーは薄毛対策の定番ですので、薄毛が目立つようになってきた際にはこういったアイテムを利用される方も多いようです。 育毛を促進したり頭皮環境を整える事ができますので、活用する事は決して悪い事ではありません。 しかしAGAが原因になっている場合ですと、恐らく薄毛の進行を抑制する事はできません。 AGAは非常に強力に脱毛を促進してしまう脱毛症ですので、育毛剤などを使用した位では歯止めを掛ける事も難しいのです。 AGAが原因の場合は病院に相談へ行くのが良いのですが、病院へは行かずに自宅で対策をしたいという方も多いのではないでしょうか。 自宅で対策する方法もありますが、それはフィナステリド薬を利用する事です。 フィナステリド薬はAGA用の治療薬なのですが、脱毛を抑制できる可能性が高いとされています。 そもそも病院で治療を受ける際にも処方される治療薬ですので、病院を利用して対策するのと同じ効果に期待する事ができます。 その為、自宅でも効果的にAGA対策を行う事ができるようになるのです。 ただしあくまでも抑制効果しかありません。 完全に脱毛をストップさせる訳ではありませんので、薄毛にならないという事でもないのです。 緩やかに薄毛になっていく可能性は大いにありますので油断はしない事が大切と言えます。 脱毛を抑制しつつ、発毛もしたいという時には別の対策方法も取り入れなければいけません。 例えばミノキシジル薬がAGAに有効とされています。ミノキシジルは強力に発毛を促進する効果のある成分ですので、ミノキシジルも併せて利用すれば発毛できる可能性もあります。 フィナステリドとミノキシジルのタッグが今のところ最も有効性があると言われているのです。

2019年06月14日
AGA治療の効果はあるのか

AGAの治療に取り組む際、多くの人がまず悩むのが治療法の選択です。 市販で手軽に購入できる育毛アイテムや発毛サロン、医療機関での治療など、現在では膨大な選択肢がありますが、確かな効果が期待できる方法で取り組まなければ、費用や時間が無駄になってしまうだけで意味がありません。 かつては根拠が曖昧で、どれだけ続けても薄毛の改善が見られないという治療法も少なくありませんでした。 しかし、近年ではAGAの原因の解明も進み、医療の現場では根拠の確かな効果的な治療法が確立されています。 AGAは、男性ホルモンによってヘアサイクルが乱れ、毛髪が十分に成長せずに抜け落ちてしまうことが主な原因であることが知られていますが、現在では医師の処方を受けることで、原因となる男性ホルモンを効果的に抑制してくれる内服薬を購入することができるので、自宅で気軽に治療に取り組むことが可能です。 また、既に目立つほど薄毛が進行してしまい、広範囲の発毛が必要な人に対しては、頭皮に毛髪の成長を促す成分を直接注入する治療法も用意されています。 現在の医療機関での最先端の治療は、99%というほぼ確実といえるほどの高い発毛率を誇っているので、費用や時間が無駄になってしまうリスク無く、安心して治療を行うことができます。 また、施術費用が高くても一度の治療で完結させたいという場合は、自分の毛髪を移植して生着させる、自毛植毛もおすすめの選択です。 AGAをはじめとする薄毛治療においては、簡単に始められるというメリットから、依然として市販の育毛アイテムを使用した治療法が人気ですが、効果が無い方法を続けても、薄毛が進行してしまうだけで良い結果は望めません。 効果の確かな、医療機関で治療に取り組みましょう。

2019年05月27日
AGAは何が原因か 2019年05月15日

鏡を見て髪を梳かす男性

AGAは何が原因か

抜け毛や薄毛を改善するにあたっては、その症状をもたらした原因を特定した上で、いち早く効果的な処置を施すことが必要です。 頭皮の衛生状態や食生活や睡眠不足、ストレスなどの生活習慣に問題がある場合も多いもの。 一方で、もしもAGAを発症している可能性があるならば、クリニックでの専門治療が必要となります。 このAGAとは別名で男性型脱毛症とも呼ばれる病気のこと。 これを発病すると額の両サイドや頭頂部、またはその双方にて薄毛が助長されていきます。 逆に後頭部や側頭部などには症状が出にくく、こうした特徴がAGAか否かを判断するポイントと言えるでしょう。 父親や祖父の遺伝性などによっても発症することの多いAGAですが、そのメカニズムは男性ホルモンと頭皮にある特殊な酵素が原因として関わっています。 テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは5αリダクターゼという酵素と反応するとDHTという特殊な物質を作り出します。 頭髪の毛乳頭がこのDHTをひとたび感知すると、そこに生えているのが成長期真っ只中の健康的な頭髪だったとしても、その時点で成長が終わったものと判断して成長サイクルが狂いはじめ、そのまま栄養分の補給をやめて抜け落ちていってしまうのです。 また頭皮付近を流れる毛細血管もAGAの影響によって血流の流れが悪くなり、栄養分の補給がしにくくなっていきます。 こうした悪循環によって抜け毛や薄毛はますます悪化の一途を辿ることとなります。 このAGAを治療するにはクリニックで飲み薬や塗り薬の処方によって適切な治療を行う必要があります。 まずはフィナステリド配合の飲み薬によって5αリダクターゼの2型の働きを抑えてDHTが分泌されるのを極力制限します。 そしてなおかつミノキシジル配合の塗り薬で毛細血管を拡張し、栄養分を過不足無く補充することで頭髪の成長が見込めます。

2019年05月15日