Month: May 2019
AGA治療の効果はあるのか

AGAの治療に取り組む際、多くの人がまず悩むのが治療法の選択です。 市販で手軽に購入できる育毛アイテムや発毛サロン、医療機関での治療など、現在では膨大な選択肢がありますが、確かな効果が期待できる方法で取り組まなければ、費用や時間が無駄になってしまうだけで意味がありません。 かつては根拠が曖昧で、どれだけ続けても薄毛の改善が見られないという治療法も少なくありませんでした。 しかし、近年ではAGAの原因の解明も進み、医療の現場では根拠の確かな効果的な治療法が確立されています。 AGAは、男性ホルモンによってヘアサイクルが乱れ、毛髪が十分に成長せずに抜け落ちてしまうことが主な原因であることが知られていますが、現在では医師の処方を受けることで、原因となる男性ホルモンを効果的に抑制してくれる内服薬を購入することができるので、自宅で気軽に治療に取り組むことが可能です。 また、既に目立つほど薄毛が進行してしまい、広範囲の発毛が必要な人に対しては、頭皮に毛髪の成長を促す成分を直接注入する治療法も用意されています。 現在の医療機関での最先端の治療は、99%というほぼ確実といえるほどの高い発毛率を誇っているので、費用や時間が無駄になってしまうリスク無く、安心して治療を行うことができます。 また、施術費用が高くても一度の治療で完結させたいという場合は、自分の毛髪を移植して生着させる、自毛植毛もおすすめの選択です。 AGAをはじめとする薄毛治療においては、簡単に始められるというメリットから、依然として市販の育毛アイテムを使用した治療法が人気ですが、効果が無い方法を続けても、薄毛が進行してしまうだけで良い結果は望めません。 効果の確かな、医療機関で治療に取り組みましょう。

2019年05月27日
AGAは何が原因か

抜け毛や薄毛を改善するにあたっては、その症状をもたらした原因を特定した上で、いち早く効果的な処置を施すことが必要です。 頭皮の衛生状態や食生活や睡眠不足、ストレスなどの生活習慣に問題がある場合も多いもの。 一方で、もしもAGAを発症している可能性があるならば、クリニックでの専門治療が必要となります。 このAGAとは別名で男性型脱毛症とも呼ばれる病気のこと。 これを発病すると額の両サイドや頭頂部、またはその双方にて薄毛が助長されていきます。 逆に後頭部や側頭部などには症状が出にくく、こうした特徴がAGAか否かを判断するポイントと言えるでしょう。 父親や祖父の遺伝性などによっても発症することの多いAGAですが、そのメカニズムは男性ホルモンと頭皮にある特殊な酵素が原因として関わっています。 テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは5αリダクターゼという酵素と反応するとDHTという特殊な物質を作り出します。 頭髪の毛乳頭がこのDHTをひとたび感知すると、そこに生えているのが成長期真っ只中の健康的な頭髪だったとしても、その時点で成長が終わったものと判断して成長サイクルが狂いはじめ、そのまま栄養分の補給をやめて抜け落ちていってしまうのです。 また頭皮付近を流れる毛細血管もAGAの影響によって血流の流れが悪くなり、栄養分の補給がしにくくなっていきます。 こうした悪循環によって抜け毛や薄毛はますます悪化の一途を辿ることとなります。 このAGAを治療するにはクリニックで飲み薬や塗り薬の処方によって適切な治療を行う必要があります。 まずはフィナステリド配合の飲み薬によって5αリダクターゼの2型の働きを抑えてDHTが分泌されるのを極力制限します。 そしてなおかつミノキシジル配合の塗り薬で毛細血管を拡張し、栄養分を過不足無く補充することで頭髪の成長が見込めます。

2019年05月15日